展望台トップ



阪神タイガースときどき横浜ベイスターズときどきヤクルトスワローズ。そのほか、
サッカー、モータースポーツ、大相撲とスポーツもろもろ。ちょっと一息、音楽など
まで、ここはそんなブログです。
●コメントは各記事タイトル下のfukidasi.jpgマークをクリックしてください。

記事カテゴリの一部を移動してあります。こちらからどうぞ。
MUSIC
タイガースCafe
ベイスターズCafe
ミックストーク
MOVE
フルーツカット


ひさびさのSF小説 TIMES UP
このブログではインフォのみ→サイト『潤文学』へどうぞ。

小説ラインナップ

●諸国を流れる小粋な浪人、流れ才蔵。時代劇中編です。
流れ才蔵

●野球場で出会った二人のラブコメディ。短篇です。
野球なカップル

●ちょっと怖いホラーショートのコーナーです。
HORROR

小説のほとんどは推敲なしの書きっ放し、つまり下書きですのでそのおつもりで。
また、小説はすべてオリジナルです。著作権は放棄していませんから転用禁止。


●岡崎潤の小説サイト(リニューアルがかなり進んだよ)
潤文学
●こちらは小説ブログです。
女の陰影


 

●ちなみにリンクについて。
もちろんリンクフリーです。野球からリンゴの剥き方まで、まー、ぐずぐずのブログ
ですのでリンクするのはおすすめしません。また、こちらからのご勝手リンクにつ
いては相互リンクを求めるものではありません。リンクNOならご一報を。管理人

大山崩れ



大山にとやかく言うのは早いと思うよ。まだ2年目。一度休ませて二軍で
調整させたほうがいいだろう。もはやアタマ真っ白状態ではないか。
金本監督は「いまのままでは永久に打てない」と言ったそうだが、ちょっと
待て。それがわかっていながら試合に出してはいかんでしょ。育てるので
はなく壊すことになってしまう。

昨日のベイスターズ。ここ一番で楽天戦力外の中川が見事に打った。崖
っぷちの選手がやってくれると嬉しいし、なにより今年の大和はモノが違
う。虎時代、打てないバントもしない盗塁もしない男だったのに環境でこう
も変わるものかと驚くしだい。

タイガースは恵まれている。だから逆に若手が育たない。ちょっと結果が
出ないとスペアパーツがたくさんいて出番がなくなる。選手は焦る。
キャンプで大山は右に強い打球を打つことをやってきたそうなんだが、右
打者はセンターから左に引っ張るのが基本だと思うんだ。ホームランバッ
ターだった金本監督はそのへんわかってるはずなんだが、何を教えてい
るのかと思ってしまう。

虎のバッターはファーストストライクを振らない。まだしも打てる変化球ス
トライクを見逃してカウントを悪くし、難しい球に手を出して凡退している。
失敗を恐れるから盗塁もしない。すべてが後ろ向き。チームとして対策は
ないのかよと言いたくなる。

ともあれ、昨日のベイスターズのゲームをみんなで見たほうがいいだろう
ね。あれこそ執念。
タイガースは、『おまいら残念』。優勝どころかAクラスも危うくなるぞ。

特別制作『タコ藤』登場



またしてもボロボロ。だから言ったでしょ。もはや再起不能ですから。

しかし、5回、9安打、10奪三振、6四死球、6失点をどう理解すれば
いいのでしょうね。
それだけ三振を奪っておきながら、なんでそうなるの・・といった感じ。

今日の敗戦は計算済み。明日からちゃんとやりましょうね、ダメ虎様。

それにしても昨日あれだけ活躍した俊介に出番なし。上本の代打も
まるで意味のない場面だった。そんなことだからやる気をなくしてしま
うんですよ監督さん。

それと鳥谷。連続試合なんたら記録のために、このままだと全試合
出場、規定打席未到達・・なんて起用法は間違ってる。
野球界ではアニキ金本以来2人目の珍快挙だそうじゃありませんか。
ぷぷぷ。 

スーパー俊介



8回2死2塁、大島の打球が前進守備のセンターを越えた。やられたと思った
のだが、そこでコレ。背走しグラブの先っぽで捕った俊介のスーパープレイだ。
こういうことのあった翌日、打てない高山に代えて俊介を起用してほしいもの。
他の選手に対しても、やれば認められるというモチベーションになるからだ。
対中日2連勝。これで前回1勝2敗だったリベンジを果たせただろう。

松坂はよく投げた。7回2失点なら投手の責任ではない。ストレートはたいした
ことはないのだが変化球が変幻自在。コントロールがすこぶるいい。123球。
マウンドでの気迫とピンチでの気持ちの強さはさすが。打線の援護がなかった
のが残念だがタイガースだって2点しかとれなかった。満塁のチャンスが二度
あってタコなのだから、双方ともに貧打は深刻なんだろうね。

今日は甲子園で讀賣戦。こちらも前回負け越しているだけに・・(その負けた2
つ、僕は東京ドームにいたんだよ! 怒!)・・ま、藤浪で初戦をとれるのか。
相手は菅野ということで打線が試される試合となる。ロサリオは打てるのかい。
菅野が打てればロサリオお目覚めということなんだろうが。

坂本、ゲレーロ、マギーそのほかGのみなさん、藤浪は打てますので、どうに
でもしてやって。打席で睨みつけてやるとフォアボールをくれますから、そのう
ち押し出しとなるでしょう。 ふんっ。

強い野球



本塁打を含む長打で一気に加点していく野球はビッグベースボール。
対して、シングルヒットや四球、盗塁、タッチアップなど、進塁を積み重
ねてチャンスをつくっていくスタイルをスモールベースボールという。

野球は次の塁を狙っていくゲームであり、それがホームベースに到達
すると点が入る。四球で出た一走が盗塁で二塁、そのときコツンとヒッ
トが出れば1点。ランナーをためて出れば複数点となる。
ホームランや長打はもちろん魅力だが、HR王の数字などたかだか40
本あたりであって、打てることの方が希なんですね。

イチローがそうであったように出塁されると走られる。投手は警戒しな
ければならなくなってバッターへの球が甘くなる。だから打てる。
といったように、これこそが闘志であり執念なんですよ。積極的に次の
塁を狙う。攻めて失敗するならしかたがない。脚で攻めずに打撃頼み
では、よほどの好調打線でない限り、勝負となると弱いわけです。

ラミレス監督は正しい。スピードのある選手を揃えておいて、それにホ
ームランが加わると手がつけられないチームとなる。
チームがまとまるというのは、走攻守でベクトルが同じ向きに揃うこと。
ノッていけるとは、そういうことだと思うわけです。

大打者でもたかが3割、HR40本程度。もっとも大切なのは得点圏打
率なんですが、その前のお膳立てとしての『得点圏への進塁』が長い
シーズンにあってボディブローのように効いてくる。

ベイスターズの諦めない野球とは次の塁に挑むスピリットであり、スキ
のない戦法なんだと思うんだね。
もっと簡単に言うならプロレベルの高校野球ができるチームが強いん
だよ。今季のベイスターズには期待している。

打ちまっせメッセ



ランディの打席には何とかしようとする執念が見える。昨日のゲームはランディ&
ロサリオで勝ったようなもの。ロサリオもようやくバットに当てることができるように
なったようで、さあこれからと意気込むわけだが、高山と大山の『山崩れコンビ』が
まるでダメ。梅野がまったく打てないのも気になる。

西岡が外野手の準備をしているようだからセンター西岡でいいのではないかい?

さて上本だ。FA権。タイガースを出た方が彼のためだと思っている。鳥谷より打て
るんだし鳥谷より守備もうまい。(たまに、どこ投げとんねんみたいなポカはある)
大和が新しい環境で活躍している。タイガースではポジションがないんだからFA
権を行使したほうがいいだろう。
西岡にもそれは言える。ベンチウオーマーではもったいない。虎を出て活躍する
姿を見たいと思う。

あー、さて。

早くもカープ独走といった感じになってきた。このままでは今年も終わるからその
他5球団は何とかしろよと言いたくなる。とりわけタイガースだ。同じ西地区(?)
ということで、カープにだけは負けてほしくないわけですよ。それとドベゴンズにも。
今日は松坂。ストレートが140キロそこそこなんだから打ちまくってほしいもの。

昨日勝ったから2連敗はなくなった。しかしドベが相手なんだから連勝して終わっ
てちょーだいね。5割でおっけなんて感じではBクラスが見えてくる。

3タコ阻止な1勝



3連敗しなかっただけよしとしよう。岩貞で勝てたことはよかった。

明後日からの中日戦。前3戦で1勝2敗と負け越しているだけに、
2勝1敗が最低ラインとなるだろう。できるなら3タテといきたいと
ころなんだが、もっか低空飛行中ゆえ、2勝するのも危うい。

今日はロサ、鳥谷、大山と打てていなかったところがようやく打っ
たという展開。しかしこのまま上昇とはいかないだろうね。

ダイブ飛んだぜ



福留の執念、秋山の闘志、それを無駄にする、そのほか選手の無気力。

ロサリオもそろそろ打って欲しい頃だが、高山と大山の山コンビがひどす
ぎる。3番糸井からのチャンスメイクは大山あたりで勝負が決まるし、下
位打線からのチャンスは高山で決まる。
4月中は試すとしても、サード、セカンド、センターは考え直さなければな
らないだろう。

センターはとりあえず隼太でどうか? 代打だけではもったいない気がす
る。鳥谷をサードに戻し(どうあっても使うというなら)、セカンド上本という
のが最強の布陣のように思えるが、どうだろう。
もっかダメだが陽川や北條あたりが良くなればサードだろうと思うし、サー
ド上本でセカンド西岡というテもある。

開幕早々ボロクソ。キャンプでハード過ぎ、オープン戦からの流れで疲れ
がたまっているのではないか? 若手~中堅こぞってキレがないと感じる
のだが。

一方でベイスターズ大和が活躍している。性格まで明るくなったというか
ら、タイガースには選手を落ち込ませる何かがあるのではないか?
ミス連発、チーム一同まるで打てない。これにはコーチ陣の責任も大きい
と思うよ。

Aクラス死守。もはや希望はそこしかないだろう。優勝なんて100%ない。

しかしベイスターズとスワローズがいいから今季は楽しい。できるならそ
こに虎にからんで欲しいのだが、もう1チームはどうやらカープのようだ。

軽率しかし

aho-0.jpg

1回、いきなりのノーアウト満塁からロサリオの犠牲フライだけで1点しか
取れないタコ打線に対し、投手陣の苛立ちがつのっているのではないか。
開幕から同じようなことが何度もあった。序盤に少し得点し、以降それだ
け。打てないにもほどがある。

まあ、それはそれとしておいて、メッセほどの男が軽率だったことは間違い
ない。投手がそこまで怒るというのは審判のミスなんだろうが、退場をくら
ってはチームが焦る。石崎はよく投げたと思うよ。

昨年同様に反発力がないと感じる。執念のかけらもない。こういう展開に
なると皆がこぞって打てなくなる。タイガースの伝統と言ってしまえばそれ
までだが情けない話だよ。

一夜限りの単独首位! ズルズル落ちていきそうな気がしてならない。

期待の新人?



甲子園でプロ初先発初勝利、しかもカープを相手に7回零封。・・と一気に
書き立てているが、ルーキーで騒がれ、その後鳴かず飛ばずという投手
はいるものだ。
プロの体ができていけばさらにいい投球ができるはず。過度な反応をせ
ずにじっくり育ててほしいもの。左の足りないタイガースには待ってました
の注目株だけに、首脳陣は考えるべきだろうね。

ルーキーに光があたる一方で消えていくベテランがいる。鳥谷だ。連続試
合出場の記録だけのために、いつまでも使い続けるわけにはいかない。
昨日のゲームなど代打だけで守備にもつかせてもらえなかった。

鳥谷のネックは守備範囲の狭さにあると思っている。ファーストにロサリオ
がいる以上、サードしかないのだが、昨シーズンを思い起こしても、本来サ
ードの球なのに大和が回り込んで捕っていた。今年はましてセカンド。セカ
ンドはショートよりも運動能力が問われるポジションである。

はっきり言って、鳥谷を守ったために大和がFAで出ていった。同じ轍を踏
んで上本までも失いたくない。上本は打席での覇気もあり、長打も打てるし、
セカンドとしてははるかに守備範囲が広い。誰が考えてもセカンドは上本
なのだ。(覇気のある西岡もいるしね)

昨日の代打、あのやる気のない三振を見せられたら守備についてもらって
は困る。チームの士気にも影響する。妙な記録さえなければ二軍で調整さ
せたいほど今季の鳥谷はひどい状態なんだが、先日の東京ドームでの試
合前練習を見る限り、柵越えを何本も打っていた。

モチベーションの低下ではないか? ショートからサードにまわされ、またし
てもセカンドに追いやられ、スタメン落ちして、ついには守備固めにも出して
もらえない。
今季のタイガースは優勝がテーマだからベテランだろうがダメなら外される。

鳥谷がスターだった時代は終わったということか。監督が鬼になり引導を渡
してやるべきではないか。いまのままでは逆に可哀想だと思うんだ。