FC2ブログ

TOP



ベイスターズ&スワローズ、この2チームの公平なファンとして。そのほか、
サッカー、モータースポーツ、スポーツもろもろ。ちょっと一息、音楽などまで、
ここは気楽なブログです。

●コメントは各記事タイトルまたはタイトル下のfukidasi.jpgマークをクリックしてください。

記事カテゴリの一部を移動してあります。こちらからどうぞ。
MUSIC
ベースボールCafe
ミックストーク
MOVE
フルーツカット

小説ラインナップ

●諸国を流れる小粋な浪人、流れ才蔵。時代劇中編です。
流れ才蔵

●野球場で出会った二人のラブコメディ。短篇です。
野球なカップル

●ちょっと怖いホラーショートのコーナーです。
HORROR

小説のほとんどは推敲なしの書きっ放し、つまり下書きですのでそのおつもりで。
また、小説はすべてオリジナルです。著作権は放棄していませんから転用禁止。


●岡崎潤の小説サイト(リニューアルがかなり進んだよ)
潤文学
●こちらは小説ブログです。
女の陰影


 

●ちなみにリンクについて。
もちろんリンクフリーです。野球からリンゴの剥き方まで、まー、ぐずぐずのブログ
ですのでリンクするのはおすすめしません。また、こちらからのご勝手リンクにつ
いては相互リンクを求めるものではありません。リンクNOならご一報を。管理人

黄色い絨毯



通りすがりにコンデジで撮ったもの。銀杏(いちょう)の大木なのだが、黄色い
落ち葉に埋もれるように立っていた。

そう言えば写真を撮っていない。この季節は赤いモミジか黄色い銀杏なんだ
が、どうしてどうして緑葉樹もたくさんあるし、冬に花をつける植物だってある
んだよ。

もう少しして葉が散ってしまうと寒々しい感じになる。しかし僕は冬の景色の
ほうが好きなんですね。空気が澄んで空が綺麗だ。それと花なんだが、花の
色は意外に邪魔になるもので、引いて撮ろうとすると色が氾濫してしまう。

まあ、そんなこむずかしいことは考えずコンデジで撮ってみた冬の景色。コン
デジは露出がおおざっぱなので、こんな感じが精一杯なんですが・・。

餅はパン屋

お店を持ちたいという願望が現実味をおびてきた。まもなく現実となるだろう
が、そのときに、こうはしたくないというモデルケースのようなものがあるんだ。

ラーメン、カレー、とんかつ、コーヒー。そんな看板をかかげた小さな店が現
実にあるわけですよ。大レストランならわかる。しかし明らかに個人の店だ。

 『おたくはいったい何屋だよ』 と言いたくなるでしょ。

餅はパン屋みたいな店にはしたくないし、客にすり寄った店なんて僕の棲む
世界じゃない。
コーヒーなんてブレンドとアイスコーヒーがあればよろしい。ただし、何種類
かの豆を置いておき、客の目の前で配合して挽いてやり、ネルドリップで丁
寧にこしらえる。アイスコーヒーも同様に。

サラダとサンドイッチは似ているよ。野菜サラダ、ハムサラダ、たまごサラダ、
ポテトサラダ~ミックスサラダといったように、そのままサンドイッチに置き換え
られる。
サラダなんてミックスサラダだけがあればいい。ただし、何をどうミックスする
かはその日によって違う。

あのですね。行きつけのお店ができたとして、毎回毎回コピーしたようなもの
ばかりを出されてはつまらんでしょ。定型なんてまっぴらだし、お客主導では
ない僕主導のメニューでいく。
ブレンドひとつをとっても、サンドイッチとセットにされたとき、サンドイッチの種
類によってコーヒーは酸味が強いほうが美味しいときと苦味があったほうがい
いときがある。

また、お昼で溌剌としているときは酸味の側へ。夕方ほっとしたいお客のため
には苦味の側へ。お悩み顔の女性であればモカ主体の甘みの側へ~etc。
ブレンドという同じオーダーなんですが、ときと場合で味を変えて出してやる。

業務スーパーへ行ってごらんなさいな、クシに刺して焼くだけになった冷凍もの
の焼き鳥から、袋から出すだけのマカロニサラダ~などなど、出来合いのもの
がたくさんある。こうしたものを恥ずかしくもなくそのまま出してしまうから、個性
皆無な店になる。それらは食品であって料理ではない。

ただしかし、限度もあれば程度もあるよ。マヨネーズからドレッシング、ケーキ
そのほかお菓子~などなど、僕一人じゃムリってもので。
そのときに『餅はパン屋』を利用させていただくわけです。洋菓子を本格的にや
るならパティシエですよね。厨房設備も相応なものがいるし、僕が目指すところ
はフルーツパーラー系の小さなお店なんだから、手作りにこだわりすぎると墓穴
へドボンなんですよ。

僕一人で、できる範囲で、ただし徹底的に僕のスタイルで。限られたメニューで
よろしい。そのほか必要ならばケーキはケーキ屋さんに外注すればいいのだか
ら。それぞれの道をナメてはいけないと思うわけです。

これぐらいしかないけど、どれもが一流。 そこを目指していきたいな。

85パーセンタイル速度

クルマに乗っていながらこうした言葉を知らないことに問題がある。

さておき。

豪雨でもなく台風でもない、ちょっとした雨の高速を走っていて、速度制限
50km表示にはあきれてしまう。そんな道を高速路線バスが平然と90km~
で走っている。つまりは誰にも守れない『警察のお立場規制』であるという
ことだ。

85パーセンタイル速度とは、ある道路において85%の人が安全と考える
速度であって、速度規制50kmの道路で実測すると65km~のスピードとな
るものだ。日本で言われる実勢速度よりもさらに速い。
だいたいが制限速度以下で走るドライバーは3%程度。そんなノロマのた
めに97%の正常なドライバーが迷惑しているということなんです。

日本でもようやく警察が検討をはじめたらしい。先にも書いた高速120kmな
どというのは、まさしく85パーセンタイル速度程度であって、そのぐらいで
走れるから高速道路というのである。
東海環状を走っていて最高速は100kmなのだが、ある地点から『これより
高速道路』の標識があり、同じ道なのに最高速が80kmに規制される。
『これより低速道路』の間違いではないのか! おいっ!

高速道路とは、高速で走れないドライバーが乗ってはいけない道だという
ことだ。85パーセンタイル速度を歓迎する。

タバコの害に?マーク

喫煙者は肺ガンになりやすい。副流煙は怖い。こうした常識にクエスチョン
マークがつきはじめた。
研究が進むにつれ、また日本における肺ガン発生率のデータが物語るよう
に、タバコが原因ではないということがわかってきたらしい。

日本における女性の喫煙率は17%とずっと横ばいのまま。禁煙が叫ばれ
だして周囲に吸う人も減っていき副流煙にさらされることも減ってきている。
しかるに女性の肺ガン発生率が10倍以上に跳ね上がっているというのだ。

副流煙のまったくない環境は、いわば無菌状態と同じであり、大気汚染に
さらされたときの防御力が失せてきている。食品の世界で過度な衛生状態
が菌に対する抵抗力をなくすことにつながるのと同じ図式だ。

良心的な医師たちの間でも、言われるようなタバコの害は、どうも違うらし
いということになってきているそうである。
テレビに出たがる医者どもは、つまり製薬会社の片棒をかつぐ連中であり、
保健医療の対象を増やしていきたい者どもだということを忘れてはいけな
い。保険適用外の診療では患者の支払い能力が信じられず、できるなら
避けておきたい。保険適用が増えれば高額な薬だって安心して使える。

また日本人は何でもかんでも横並びをよしとする。コペルニクス的正論を
言うと、皆と違うということで攻撃される。したがってタバコの害に便乗した
医療が生まれ、それに即した薬を売ってもうけられるってことですよ。

そのほか、ヘルシー食といったもののほとんどすべてが眉唾であるらしい。
たとえばマーガリン。含まれるトランス脂肪酸が有害だということでアメリカ
では全面使用禁止。世界でも使用量に規制のかかる国が多い。

昔ながらのバターがよろしい。 だいたいマーガリンはマズイしね。

高速道路150km、軽四輪800cc?

昨今、まったくもって没個性な日本車の未来を明るくする提言として、ベストカー
編集部の人間がそんなことを書いているが、アホかと言ってやりたい。

スピードについては、現実的に、大型トラックなどとの速度差がありすぎて不可
能だろうし、快適に走るという点でも無理がある。
最高速120kmは新東名で試行されているが(110kmで)、120km程度ならあたり
まえであって軽四輪でも出せるスピードだ。僕なら、のんびり行くなら100km、
110kmあたりで普通、急ぐなら120km。しかしそれでも大型トラックとの速度差が
気になるところ。そしてそれ以上に、ろくにクルマを操れないヘタクソが多すぎて
150kmなどこの国では不可能なのだ。AT車限定免許ができてからドライバーの
レベルがガタ落ちなのだから。

軽四輪の800ccは歓迎なのだが、そうすると税金もろもろも上がるに決まってい
る。軽については排気量より、燃費至上でありながらキビキビ走るというユーザ
ー側の感覚を、まずは見直すべきである。
燃費と走りの両立を64馬力に自主規制される660ccのエンジンでやろうとすると
ボディを軽くするしかなくなって、事故ればクシャクシャという弱い車体しかつく
れない。
ボディサイズはそのままに800ccとして強くて重いボディにしようというなら賛成
できるが、ボディサイズも一緒に大きくするなら反対だ。

しかしまあ、クルマ離れの原点はそこではない。高すぎる税金、高すぎるガソリ
ン代、高すぎる車検費用、そのほか金がかかりすぎること。
ハイブリッド、自動運転、自動ブレーキ、LEDヘッドライト、カーナビそのほか、
じつはあってもなくてもいい蛇足装備を満載するから車両価格が跳ね上がり、
メーカーうはうはという『高性能への錯覚』にユーザー自身が気づくことも重要
だろう。

消費税が上がる。あってもなくてもいい付加価値に惑わされず本質の価値だけ
でモノを選ぶことが大切なのだ。
ちなみにエコノミーにこだわるなら、古くからあるマニュアル車に乗れば自動的
に~20%はガソリン代が安くあがることを知っておこう。