ああ阪神展望台

岡崎潤のエッセイほど恥ずかしくないトークブログ。タイガースびいきですが、なにか?

強権か自主性か 



掛布二軍監督の退任についてイヤな話が聞こえてくる。金本監督は強権タイプ。
それに対して掛布監督は選手の自主性にまかせるタイプ。二軍でいいと言われ
て上げても活躍できない。金本監督にはそうしたやり方が甘いと映ったことだろ
う。

金本は、練習が厳しいことで知られるカープからやってきた。阪神は甘いと感じた
だろうし、それでも当時は星野監督で厳しかったのだろうが、~和田監督までの
間にまたしてもぬるま湯になってしまった。
超変革とはそこのところの改革だった。まさに叩き直すといった感じだったんだろ
うが、ただひとつ金本は若かった。それを直線的に実践しようとするあまり強権へ
とシフトせざるを得なかった。
一方の掛布は老練な男であり、そうやって突き進んだところでろくなことにはなら
ないだろうと考えたのではないか?

上でダメな選手が二軍へ落ちると活躍しはじめる。逆に、二軍で良かった選手が
上げられると鳴かず飛ばず。そうなると掛布監督のやり方が正しいのではと若い
選手が考えるようになる。
これがマズイのだ。人間はラクな方へと行きたがり、一軍監督への不満がつのっ
ていくだろう。

金本監督の意向で掛布は切られたということだ。

しかしファンの目線になると話は違う。内情なんてどうでもいいんだ。強くなってく
れるに越したことはない。負け続けると期待の声はバッシングへと変わっていく。
結果責任は一軍監督なんだから、強くなるようチームを変えていくのは当然なん
だよ。

だけど、はたしてどっちが正しいんだろうと思ってしまう。福留を見ていてもわか
るが休ませながらのほうが活躍する。
金本方式の練習がオーバーワークになっていないか? だから下に落ちると体
力が回復して活躍できる。

ロジャースを使わない理由もそれでわかる。MLBでは試合前にウオーミングアッ
プをする程度で馬鹿みたいに練習しない。ロジャースは練習しないという不満。
それで成績がいいと、やっぱり掛布のやり方が正しいということになってしまう
だろう。

金本はストイックに追い求めるタイプなんだろうけど、ストイックにはそれなりの
素地がいる。誰もが『アニキ』になれるわけじゃないんだよ。

金本方式と掛布方式。どっちが正しいかなんて素人には言えないが、プロは結
果だ。今季2位で終われるならひとまず及第点。だけど来季だよ。来季もしぶっ
ちぎって優勝するようなら金本監督に軍配。
掛布は阪神なんかに留まらず、セリーグ他チームの監督になって金本阪神と勝
負してほしい気がする。
CM: 0
TB: --

コメント

コメントの投稿

Secret

▲Page top