予想通り



第二戦藤浪、三戦秋山と二日続けて東京ドーム。妙なダルマができていた。

二日続けて勝てたゲームを落としたという印象だ。二戦では監督の采配ミス。
四球を連発しだした藤浪への温情が仇となり、岩崎、桑原とつないでおきな
がら藤川なんて昔の名前を出してしまった。
藤川が3ランを打たれてジ・エンド。万死に値する采配ミスだ。

翌日はロサリオ、梅野のホームランだけ。チャンスでどういうわけか大山に
まわってしまい、貧打そのものの無惨な敗戦。二日続けて岡本に3ランを打
たれて終わったゲーム。大山に期待するのはいいが、打席を見ていて頭の
悪さを感じてしまう。毎回同じパターンで凡フライ。投手との駆け引きのでき
るタイプじゃないだろう。

しかましまあ4月いっぱい低空飛行を予想していただけにショックはなかっ
たし、試合前のバッティング練習を見ていても、福留、糸井、鳥谷はよかっ
たと思う。
ロサリオは頼もしいと感じた。4番はホームランよりタイムリー。ただロサリオ
の前にランナーを出せないパターンが続いているから大量得点に結びつか
ないのが残念だ。
しばらくは打てないだろうと思っていたのに開幕カードでホームランが出たの
はよかった。かつてG松井が春先ダメで夏場に量産するパターンだった。ロ
サリオは頭がいい。日本の野球に慣れてくれば打率でもかなりな成績を残
せるだろう。

G上原の復帰登板はさすがだったが、神通力がいつまで通用するのか。ま
さに昔の名前。たいした球はない。投球術だけの投手だから打たれるのは
時間の問題とみている。
今年のGは打線がいい。しかし坂本、ゲレーロ、マギー、岡本と右打者ばか
り。そこがちょっとなのだが左投手を苦にするレベルじゃないだろうからG打
線に苦戦するのはみえている。

執念というスローガンをみじんも感じさせない貧打と拙守の開幕カード。勝
てたゲームを落としていると優勝なんてあり得ない。それでも藤浪に期待す
る金本監督の甘さが気になる。藤浪などトレード要員、藤川など敗戦処理。
来季のためにも小野や才木、青柳、福永~そのほか若手をもっと使ってほ
しいもの。今季の虎に優勝するチカラはない。先発ローテが不安なんだし、
打ち勝てるだけのものもない。打ち勝つとは、クリーンナップ前後の選手に
出来にかかっている。とりわけ167を打つ選手なのだが、俊介、上本、西
岡を外しているようでは、いかにも弱い。

0 コメント

コメント投稿