FC2ブログ

日本サッカー16強



ポーランド戦での残り10分。あれを批判されるとしたら、試合に勝っていて
時間かせぎに出たケース。負けを許容して16強への可能性に賭けた西野
監督の選択は、日本サッカーにかつてなかった、GL突破へのなりふりかま
わぬ執念だと思う。

ボクはあのシーンで、ほおぉ・・と思った。日本も世界の中での戦い方をよう
やく覚えたと言うのか、タフな試合ができるようになったと感じたんだ。
まずルール違反ではない。負け側が得点はいらんと言うわけだからアンフェ
アでもない。批判する方がバカ野郎なのである。

西野さんは名将だと思うよ。批判を承知でベストな選択をした。正々堂々、
潔く戦ってGL敗退では話にならない。なりふりかまわぬとはそういうことだ。
カードの数を見ても日本サッカーはフェアである。ブラジルかぶれの解説の
ジイさんごときが何をほざこうが、アギーレ、ハリルとつないで、最悪の状況
でバトンタッチさせられた監督とすれば大金星ではないか。

あの場面であの選択のできる男は本物の勝負師である。

日本代表は、このまま西野さんに任せるべきだと考える。タイガースの助っ
人よろしく、またぞろ外人監督で失敗していては話にならない。

えー、ではあるが、相手がベルギー。赤い悪魔vs青い小僧。チャンスはそ
うない。ロースコアゲームとなるだろうが、前半守って後半も守って1点とっ
て逃げ切ろうなんて、いつものプランでは必ず負ける。100%負ける。
先取点が勝敗をわけるだろう。立ち上がりからの怒濤の攻めに期待したい。

0 コメント

コメント投稿